【第二回】SpringとMySqlとMyBatisの連動方法

Javaウェブアプリ開発

はじめに

DreamHanksの松下です。今回はSpringとMySqlとMyBatisの連動方法を解説していきます。

連載記事まとめ

 

xmlファイルの設定

新規でプロジェクトを作った際にデフォルトで生成される3つのxmlファイルをカスタマイズしていきます。

◆pom.xmlの設定

下記のdependency(依存するライブラリ)をデフォルトで生成されたpom.xmlの<dependencies>タグの中にコピペしてください。

上記pomの解説

<!– MySQL –>      Mysql(DB)と接続するためのdependency
<!– MyBatis 3.4.1 –>   MyBatisを使うためのdependency
<!– MyBatis-Spring –>   MyBatisとSpringフレームワークを連動するためのdependency
<!– Spring-jdbc –>    SpringJdbcで使うためのdependency
<!– Mybatis log –>    MyBatisのログを出すためのdependency

pom.xmlの詳しい内容は下記の記事で解説しています。
Mavenの解説

 

◆root-context.xmlの設定

デフォルトの状態

 

設定後の状態

①設定後の状態のroot-context.xmlをコピペしてください。

②<!– MySQL dataSource –>の設定
・下記のvalue値を自分のmysqlの環境に合わせる

特にみるべきところ
・work_db → カレントスキーマ
・username, passwordを自分のmysqlの環境に合わせる。

 

③パッケージ名などは自分の環境にあわせること

root-context.xmlの詳しい内容は「xmlファイルの解説」という記事内で解説しています。
【Webアプリ開発】root-context.xmlの解説

◆servlet-context.xmlの設定

①特に設定すべき個所はありませんが、下記の内容が自分の環境と合っているかを確認してください

 

servlet-context.xmlの詳しい内容は「xmlファイルの解説」という記事内で解説しています。
servlet-context.xmlの解説

おわりに

次回はMyBatis Generatorのインストール方法について解説していきます。
【第三回】MyBatis Generatorのインストール方法

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

 

コメント